ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占いで、自分の婚期と彼の婚期そして相性を事前に知って幸せな結婚を。相性も婚期もグラフで表示!

Menu ▼
芸能人・タレントの四柱推命による結婚占い
過去に噂された芸能人・タレントの相性占い
離婚した芸能人・タレントの四柱推命による検証
再婚、不倫、破綻など恋愛関係を四柱推命で専門的に検証
恋愛・相性・結婚占いに関する雑考
【無料占い実施中】
無料の結婚占い(5年間の婚期をグラフで表示)
無料の相性占い(5項目の相性をグラフで表示)

宇多田ヒカルさんの離婚について(2007年3月鑑定)


歌手宇多田ヒカル(24)が2007年3月2日に夫で映像作家の紀里谷和明氏(38)と離婚したことが3日、分かった。公式ホームページで2人が連名で発表。4年半の結婚生活にピリオドを打った。

宇多田は「国際的な活動をしながらの擦れ違い」とつづっている。一方で、昨年のツアーの演出をめぐり、紀里谷氏と宇多田の父照実氏の意見が食い違ったともいわれ、両家の心情的な摩擦もあったようだ。

宇多田の離婚発表も、結婚発表と同様に電撃だった。02年9月6日に19歳での電撃結婚を公式HPで発表してから4年半。

離婚の報告も同じHPでこの日発表した。



このお二人が果たして離婚しなければならないような年回りになっていたのかどうかを四柱推命学から考察します。

宇多田ヒカルさんの命式【左】 1983.1.19日生
紀里谷和明さんの命式【右】 1968.4.20日生

 



二人の相性(無料診断で実施している五つの項目から判定)




@は、何となく気が合うというような本能的でフィーリング的な相性をみます。
Aは、精神気力のバランス関係から日常生活での二人の精神安定度をみます。
Bは、お互いの考え方や生き方、あるいは思想や信条にかかわる相性をみます。
Cは、二人の努力によってどの程度の家運発展性が秘められているかをみます。
Dは、相性というよりも、生まれながらに備わっている配偶者の良し悪しをみます。
総合的な診断評価は、@〜Dまでの単純平均ではなく、★のバラツキも考慮しています。

【診 断】

◆この相性診断の結果からもお分かるように、あまり良いとは言えませんね。

◆第一に、食神格(宇多田)と偏印格(紀里谷)では、Bの思想心情面では全く相反する因子であるため、当然、仕事上でも家庭内でも、意見の食い違い目立ってきたのではないでしょうか。

◆第二は、Dの先天的な相性ですが、これも離婚の大きな原因になっています。
宇多田さんは、食神格で食神が2個あり、また、食神と兄弟因子となる傷官もあって、少し同じ因子が多過ぎます。
この因子は、夫に反抗する因子と言われており、これらの因子が3個もあれば一度や二度は離婚することがあってもおかしくないと推測されます。

◆一方、紀里谷さんは、偏印格で偏印が2個あって、自分のことしか眼中になく、また、比肩も2個あるため、やはり自分中心の自己的な考え方が中心となっており、妻を大切に思うような人ではなく、また、家庭生活を大切に考える人でもないです。





二人の結婚生活安定度

(宇多田さんの結婚安定度)


(紀里谷さんの結婚生活安定度)


未婚者の場合には、★の数が多いほど結婚の可能性が高く、★の数が少ないほど結婚の可能性が低いと見ます。
反対に既婚者の場合には、★の数が大きいほど、異性問題を起こしやすいと見、★の数が少ないほど、夫婦生活に危機を迎えやすいと見ます。


【診 断】

◆この結婚生活安定度からもお分かりになるように、お二人の破綻は実質的には既に2006年に生じていたものであり、離婚の発表は、お二人の仕事上の関係から3月にしただけではないかと思われます。

◆ちょっと専門的に説明しますと、


宇多田さんの婚期生活安定度の診断

 ★大運(辛 亥) 偏財運
 ★歳運(丙 戌) 劫財運(2006年)


@ 大運と歳運が丙辛干合するため、結婚生活の安定に適います。
A 歳運と日支が刑するため、結婚生活が安定しにくいか、寸前で破れる可能性があります。
B 歳運と官星が乗じている月支が冲または刑の関係になっていますので、結婚生活が安定しにくいか、寸前で破れる可能性が強いです。

◆@は生活安定度につながりますが、AとBは離婚の要因にもなり、この離婚の要因のほうが強いです。



紀里谷さんの婚期生活安定度の診断

 ★大運(庚 申) 比肩運
 ★歳運(丙 戌) 偏官運(2006年)


@ 大運と歳運の天干が天戦しますため、結婚生活が成立しにくいか、寸前で破れる可能性があります。

◆@の結果から、2006年は結婚生活が安定せず、破綻していたのではないかと推測されます。



【総 括 診 断】

◆相性診断の結果では、ふたりの仲はあまり良くなく、そのうえ、本質的にも、お互いに相手を思いやる気持ちが少ないと判断されます。

◆結婚生活安定度から見ても、2006年は家庭生活崩壊の危機的状態にあり、その結果が2007年3月2日の発表になったのではないかと思われます。

◆ただ、注意して頂きたいのは、結婚生活安定度の悪い年回りがお互いに来ていても、相性関係が良ければ、一般的には離婚にいたるとは限りません。
それとお二人が日ごろから助け合い、労り合っていたかどうかも、結婚生活の維持には大切なことであります。

◆芸能人の場合には、一般の我々とは違い、日常生活が特殊な状態に置かれることが多いため、ちょっとした行き違いが離婚に発展してしまったのではないでしょうか。






(姉妹サイト)怖いほど当たる四柱推命
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
生まれ日で分かる性格診断
メルテク術と駆け引きメールで彼をトリコにしよう
美しく早く痩せるダイエットのためのノウハウ集
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
人相による結婚相手の選び方
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
結婚できる女性・できない女性の特徴とモテ講座
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理
「いい人」を抜け出して「できる男」を目指そう
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
できる男の磨き方と仕事の心得


Copyright (C)2015. ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い.All rights reserved.